11月14日、仙台市で「いやしの祭典 2015 IN 仙台」が開催されました。
そこで、「青森発 クロモジと精油 ~生産者の立場から~」という演題で講演してきました。
緊張してうまく話せなかったので、内容が伝わったかどうか心配です。

生産者なので「どうしてクロモジを始めたか?」とよく聞かれます。それには次のように説明してます。

クロモジは山では普通に見られる植物で、言わば身近な植物です。精油は甘く爽やかな香りがします。また、生理作用からも本邦を代表する香木のひとつだと思われます。しかしながら、林業では雑木として除伐され林地に放置されます。これらを活用することは林業の助けになるのではないかと思ってます。

そこで講演では、上記内容に加えて、
 ①クロモジの種類とオオバクロモジ
 ②クロモジの採取と採油
 ③クロモジの香りの特徴
 ④クロモジの生理作用
について述べました。

参加者の皆様、司会者はじめスタッフの皆様、ご協力ありがとうございました。
この場を借りて御礼申し上げます。

 2015_11142010-9-40001